top of page

車のトラブル

更新日:1月9日

 日曜の朝、盛岡みなみ教会との合同礼拝のため、日の出前に車で仙台を出発しました。盛岡の教会の主任牧師を兼ねていることによるもので、二ケ月に一回の間隔で両方の教会をリモートで結ぶ礼拝をしています。高速道路を使うと仙台から盛岡までは2時間。でも、高速道路に乗らないで一般道を走ってみようと思いました。実は最近、車の調子が悪く心配なことがあったからです。オートマチックの変速ギアがうまく作動しないのです。そのためアクセルを踏んで加速すると、グイグイと押し上げるようなギアチェンジをする。そんなことで慎重に運転していたのですが、何とか行けるかも知れないと思ったに途端に車がガタガタと振動して警告ランプが点灯してしまいました。あわてて車を路肩にとめてエンジンをかけ直してみたのですが、黄色い警告ランプは点灯したまんま。田んぼの真ん中のような所で、狭い国道の道幅いっぱいにトラックが行き交っています。ほんとうに困ってしまったのですが、仕方なく最も近い新幹線駅がある古川までゆっくり運転して行くことにしました。実は警告ランプの意味がわからなかったのです。新幹線に乗車してからネットで調べてみると、どうやら排気系統の異常のようでした。すぐに車をとめて修理工場に運ぶように書いてあります。つくづく高速に乗ってからでなくて良かったと安堵しました。

 車を運転するようになって40年以上しますが、今まで実に多くの車のトラブルがありました。高速道路でパンクしたこと、雪の山に突っ込んだこと、あげくの果てには後ろから追突されてトラックに挟まれたことまで。そうしたひとつひとつのことを振り返ると、どれも怪我無く済んだことが奇跡のように思えます。盛岡での奉仕が終わり、古川駅前に駐車してあった車に戻りました。そこからは妻の忠告に従いレッカー車で運んでもらいました。

 今年もいろんなことがありそうです。でも恐れることなく前に向かって行きたいと思っています。それでも、やはり車の調子が悪いことがわかっていて盛岡まで遠出しようとしたことは間違っていました。大いに反省しています。

最新記事

すべて表示

久しぶりにこのコーナーに記事を書いています。前回は8月でしたから半年近くも空けたことになる。おまえの秋はどこに行ったのか、名前だけに秋が残ってると言われても仕方ないのです。今年の反省として、息切れして続けられなかったことがあげられます。特に後半はへたることが多かった。一度、地面に尻をついてしまうと、なかなか起き上がれないのと同じです。それでもホームページは、役員であるT兄の労によって更新され続けま

30年程前のこと、私は、Oさんという統一教会の信者の脱会のため、その親族の方々と一緒に取り組んでいました。その頃は、今と同じように被害のことが連日マスコミで取り上げられていました。どのカルトも最初は優し気で、親切に悩みを聞いてくれます。Oさんというその娘さんは、地方から都会に出で来て孤独であったときに、統一教会の勧誘を受けたのでした。家族がその異変に気が付いたのは、帰省して家族と交わったときだった

6月の第三日曜日は父の日です。その発端は1900年代初めに、アメリカのソノラ・スマート・ドットという夫人が、亡き父に感謝と尊敬を表したいと思ったことでした。 ワシントン州スポーケンに住んでいたドット夫人は、南北戦争で英雄として知られたウィリアム・J・スマート軍曹の末娘でした。戦争が終わってやっとのことでウィリアム軍曹が帰還したとき、妻はそれまでの心労がもとで病に倒れ、間もなく天に召されてしまいます

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page