大学礼拝

  今週は東北学院大学の礼拝司会者懇談会がありました。東北学院大学では、毎日、三つのキヤンパスで礼拝の時間をもっています。パイプオルガンによる荘厳な前奏に始まり、司会者が聖書を朗読し、10分足らずの短い説教をするのです。礼拝は三つある寮でも行われます。こちらは週に1回です。当然、職員だけでは足りなくなるので、周辺の教会の牧師に協力要請をしているのです。私はこの奉仕をするようになって16年になります。三つのキャンパスと三つの寮で説教をしてきたので、延べにすると150回以上になるでしょう。

寮は全員出席ですが、大学礼拝は出席が強制されません。そのため出席者の多くは1年生が主体になります。それでも入学当初は1つのキャンパスで1,000人近く集まります。それが学生生活に慣れるに従って少なくなり、翌年の1月頃には200人ぐらいということもあります。

  「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ」という聖書の言葉があります。学生のほとんどがクリスチャンではないので、神の言葉を聞く最良の機会となっています。説教者の側にしてみれば、一回一回が伝道会のようなものです。それでも短い時間で導入から結論に導くのは至難の業でもあるのです。その意味では説教者自身が訓練される場となっています。

  懇談会での学長や院長の言葉から、大学が建学の精神を引き継いで礼拝を教育の柱としていることが分かりました。混迷する時代の中で、学生たちには神を礼拝することの中に方向性を見出してほしいと思います。

 宗教部長からは、昨年、学生の礼拝出席が減少したという報告がありました。学部によっては、時間割りで授業との繋がりに悪くなってしまい、そこに原因の一端があったようです。それとは別に学生の中に変化が起きているのでしょうか。震災の年には礼拝の雰囲気が一変し、何かを求める気持ちが説教者にも伝わってきたことを覚えています。普段は出席しない子も参加して出席数が増加したのでした。あれから6年になろうとしています。

最新記事

すべて表示

金木犀

教会がある住宅街のどこからか、金木犀の香りが漂っています。小さな花は目立たないけれど、香りは独特で誰にでも見分けがつくのがいいですね。銀杏の香りとは雲泥の差といったら、銀杏に失礼になるかしらん。 この香りを嗅ぐと、青年の頃、初めて教会にいったときのことが思い出されます。全盲であるというその牧師は、目が不自由であるとは感じさせない明るさで、ジョークを交えながら迎えてくださいました。開拓教会で、普通の

ズームの祈り会

新型コロナウィルスの感染予防のため、祈祷会は教会と各家庭をオンラインで結んでしています。ズームというアプリを使うのですが、最初は戸惑っていたマイクなど事前の調整も、数を重ねるにつれて問題なく進行するようになりました。四国の大学で学んでいるT君が画面の中で話すのをみるとき、距離を感じさせない現実が不思議に思えるほどです。祈祷会はメッセージ形式ではなく、参加者が共に学ぶ形式でしています。そうしたところ

塀の中

久しぶりに塀の中にいるSさんと面会してきました。Sさんとはある 方に紹介されて以来、十年以上の交流を続けてきました。面会室は、 新型コロナウィルス対策のため、アクリル板が完全に塞がれていまし た。以前は、口元に空気穴が開いていたのですが、それがなくなった ので互いの声が届きにくい感じです。それよりも大きく変わったのが Sさんが痩せてしまったことです。聞けば、5キロぐらいは体重が減っ たとのこと。そ

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by COMMUNITY CHURCH. Proudly created with Wix.com